クレジットカードを使用する時には家計簿をつけよう

クレジットカードを使用する時には家計簿をつけることをお勧めします。

そうしないとあまりにもクレジットカードが便利過ぎて使いすぎてしまうことが考えられるからです。



クレジットカードはとても便利でどんな支払いも出来てしまいます。



しかも、お金を数える必要もありませんから、とても楽です。

持ち運びも軽くてとても利便性がいいのが特徴です。


そして、最大の特徴がお金がへる姿を見ないで済むということです。


人はお金が減るというのはとても悲しいことですから、これを見ないで済むというのはありがたいことかもしれませんが、これを見ることで現実と向き合えるということがあるのです。



そのため、現金払いというのは現実と向き合えるという大きな意味を持っていました。

ですが、クレジットカードはその現実から逃避することができる夢のような財布と勘違いする可能性があるのです。実際この勘違いで多くの人が生活に苦しむことになっています。これを避けるのに最もいいと考えられるのが家計簿です。

最近はモバイル端末のアプリなどで簡単に入力できる家計簿が用意されていますから、そのようなものでも昔ながらの通帳のようなものでもいいので、自分のお金の収支をしっかりと把握することが大切です。

収支を把握できれば安心してお金を使うことが出来るようにもなるので、そういう意味でも大切です。

収支が分からずにお金を使うというのはとても危険なことだという認識を持つことが大切です。