クレジットカードは何枚か持つ事は可能か

クレジットカードは一枚あれば十分という人もいれば、何枚か持っていたいという人もいます。

例えば、特定のカードでなければ受けられないサービスがあったり、国際ブランドが異なるカードを手に入れてカードが使える場面をより多くしたい、などといった場合が考えられます。

そのような場合に審査の際に問題とならないか心配をする人もいますが、クレジットカードを2枚か3枚程度持つ事は普通にある事なので、その程度の枚数であればほとんどの場合は問題ないです。



ただ、一度に何枚にも申込をすると、その申込履歴をチェックした際に不審に思われる可能性もあるので、一枚作ったらしばらくは素の一枚だけを活用し、クレジットカードヒストリーを作る事も考えた方が良いです。



ヒストリーで問題なく返済する事が出来ていれば、他の条件との兼ね合いはありますが二枚目を作る際には有利になると言われているからです。



なお、キャッシング枠がついているカードを何枚も持っている場合だと、審査の際に落とされてしまう可能性が高くなるので、キャッシング枠については特定のカードのみに絞っておく方が無難です。
ただ、複数枚のカードを所持する場合はそれだけカードの管理が大変になるために、色々と使い過ぎて管理がまともに出来なくならないようには気を付けておくべきです。
一枚でも管理がいい加減だとカード破産してしまう事がありますが、その数が多くなればそれだけリスクが高くなるからです。