クレジットカードはどのようにして成り立っているのか

クレジットカードは対応しているお店ならばカード一枚で買い物ができて便利ですが、そのような仕組みはどうして成り立っているのかを説明します。

まず、クレジットカードの利用者は場合によっては年会費を払う必要がありますが、中には無料というカードもあるので必ずしも所持しているからと言ってお金が掛かる訳ではないです。

利用した場合についても一括払いでは無くて、分割払いやリボ払いで利息を加えて払う必要があります。

それだけだとカード会社はどうしてそのような仕組みを成り立たせているのか不思議です。
特に年会費が無料という場合は、クレジットカードの利用の仕方によっては一切利用者からお金を取る事が無いです。



それでも続けていけるのはどうしてなのかというと、利用者からは先ほど述べたような年会費や利用した際の利息が利益となっていますが、その他にも加盟店から手数料をもらっています。

また、ダイレクトメールの広告料なども収益となっています。だからカード会社には十分に利益があるのです。



次に、クレジットカードの加盟店についてはカード会社に手数料を取られますが、それでもどうして加盟するのかという疑問が出てきます。

これについてもやはり理由はあります。
まず、クレジットカードに対応する事によって利用者を増やす事が出来ます。中にはカード払いに対応していないと買いたくない人や気がついたらお金が無くてカード払いをしたいという人もいますが、そのような人たちに利用してもらえる可能性があります。

また、カードの利用自体が消費者がお金を使いやすくなる傾向があるために消費が大きくなって売り上げも期待できるというメリットもあるのです。