クレジットカードの仕組み

近頃はクレジットカードがかなり普及しており、多くの人が申し込みをして発行してもらうことができるようになっています。

カードを持つということで、消費者とカード会社、そして販売業者の三者間の契約になるのです。

これは従来の現金払いの消費者と販売業者の二者間契約にカード会社がプラスされるというものになるのです。

まずはカードの申し込みをするのですが、その際に消費者は自分の信用情報をカード会社に伝えます。



そこからカード会社は審査をしていくことになります。


年収や職業、他からの借入などいろいろな条件から審査をしていきます。



そして返済能力がある人物であると判断された場合にはカードが発行されます。

その発行されたクレジットカードを使って、加盟店で利用することになります。



商品の購入やサービス料金の支払いなどにあてることができるようになるのです。金額の大小に関係なく、その人に対して設定されている限度額の範囲内であれば、決済をすることができるのです。
その場ではカードの提示やサインなどで済むようになっているのです。その支払いはクレジットカード会社で一時的に立て替えをしてくれるようになるのです。

そしてカード会社は立て替えをした分をカード利用をした消費者に請求していくようになるのです。


これは利用した消費者の希望した支払い方法に応じる形になるのです。

このように、クレジットカードというのは、カード会社が間に入って立て替えをしてくれる形になるのです。