クレジットカードの事故カードとは

事故カードとは、基本的に持っているクレジットカードが何らかの理由で利用できなくなったことを示しています。
ます、紛失・盗難が原因でカード会社に届け出をして利用停止になったカードがあげられます。
この場合付帯する紛失・盗難カードの手続きをすることによって、新しいクレジットカードが発行されると再度カードが利用できるようになります。
クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報機関への登録情報は悪い影響を与えることはありませんから心配はありません。

汚れや破損で利用不可能となったカードは、結果的に情報を読み取ることができないので事故カードとなりますが、カード会社に連絡すれば新しいカードを発行してもらえますので同じくヒストリーに影響はありません。

利用限度額オーバーでクレジットカードが一時的に利用できなくなるケース事故カードと呼ばれますが一時的なものです。



返済をおこない決められた限度額に余裕ができれば正常に復活して利用できるようになります。



しかしながら自分のカードの限度額がいくらなのかは利用明細などで確認しておくことが必要です延滞にてカード会社から利用停止された場合遅延の時点でカード会社から催告が行われていて、それでも支払いをしなかった。
このケースではカード会社との契約に違反しており信用情報に影響が及びます。債務整理でのカードの利用の法規によるもの。



最近は、カード会社が利用実績や換金性商品の購入をチェックしています。


突然電話がかかってきてカードの利用を停止することもあります。

この際カードは、所有しているが情報を盗まれて別のカードが作られ使用されてしまうスキミングという事故も増加しています。