実は知られていないクレジットカードのショッピング枠

クレジットカードは与えられているショッピング枠の分だけ支払いを後回しにし、買い物に利用することができます。


ショッピング枠は契約している人の信用力によって異なってきます。実はこのクレジットカードのショッピング枠には、秘密が隠されているのです。

例えば10万円の限度額があるとき、10万円の物を購入したら消費税が入ってしまって10万8千円になってしまった、ということがありえます。



クレジットカードの中には実は見えない限度額が設定されているものもあり、おおよそ10%程度はオーバーしてしまっても決済することができるケースがあります。

これは限度額ギリギリで利用できなかったというケースを避けるためです。
この見えない限度額を設定するかどうかはカード会社によって異なりますので、すべてのカードで限度額をオーバーして利用することができるわけではありません。

また、延滞を繰り返していると見えない限度額があったカードでも、カード会社側で設定を削除してしまうことがあります。
オーバーしてしまった分はリボ払いにすることができませんので、原則的には翌支払い月に一括で返済しなくてはなりません。



特に高い限度額を設定されている人の場合、見えない限度額でも10万円以上になることもあります。



使えるからといってどんどん利用するのではなく、自分が今現在どの程度利用しているのかしっかりと把握しておきましょう。


もし支払えなくなってしまえば、信用を失うことになりかねません。